« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/09

惚れた男に逢いに行く その2 in 東京(海のほう)

今日も惚れた男に逢いに行ってきました。会社を定時ダッシュで退社し途中の乗り換え駅で軽く腹ごしらえをし、準備万端でいざ会場のZepp Tokyoへ。今回もえらく楽しかったのです。

今回は後ろ目のほうで鑑賞です。名古屋のときは前にいた男性陣に遮られることもあったので、なるべく女性が前にいる、視界が開けているところに陣取りました。そして、今日は会社帰りってこともありヒール仕様でもあるので視界の高さはいつもより高い位置で、よーく見えました。

10分押しくらいでスタートです。メンバ登場。今回もヨシイは黒ジャケットに白シャツ(たぶん)。エマは長T仕様でした。
セットリスト的には名古屋(1/28)と同じだったと思います。だからって、1曲目からリスト表示できるわけでもないのですけど・・・ね。

特に印象に残っているのは2つ。
1つは『(ごめんなさい。曲がどうもわからないです。わかる方お願いします。)』のとき。
舞台全体を頭上から赤紫色のライトで照らし、左右(メンバの頭の高さくらい)から緑色のライトを照らした状態でヨシイが歌っていると、何か彼岸から歌われているような感じでした。
悟りを開いた状況なのかはわからないけど、「澄み切った向こう側」から私たちに歌っているような感じを受けたのです。同じような彼岸の印象を受けたのは『WHAT TIME』のときもそうです。
名古屋のときには感じなかったので、会場の雰囲気とか、こちらの見ている場所とか、ライブへの慣れとかあるかもしれません。
名古屋と同じ印象を受けたのはやっぱり『BEAUTIFUL』。やっぱりこの曲は「優しい」感じです。

2つめは『MY FOOLISH HEART』のとき。
名古屋のときには気づかなかったのですが、赤いライトを二つ交差するように照らしハート型がヨシイの背面頭上に照らされてました。
「きみたちの大事な人を思い浮かべて聞いてください」みたいなことを言っていたような。だからか、赤いハートと曲とがずきんときました。
赤いハートはバレンタインデーも近いから、ていう演出かもしれませんが。

あと、今回はMCが長かったです。「MCは短めに曲を多く」なんて言いつつ、しゃべりたくて仕方ないのか?ヨシイ。て具合でした。その中でエマ(菊地って呼んでたけど)プチ情報をチラッと。

  節分にコンビニかどこかで買った太巻き?、えはら巻き?を食べたのだとか
  (恵方巻きのことだよね)。 一生懸命最後まで食べたのだとか。
  ここでエマちゃんは食べてる真似をしてたのですが、そのあと、ヨシイが反対
  側を向きボソっと・・・。昔は反対のことさせてたのに・・・。ですって。

  反対のことって・・・ 反対のことって・・・ 反対のことって・・・。 今は??  きゃ。

そんなこんなでエロさも加わってきたみたいです。
私の持分、残りあと1回。約2.5週間後。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/02

惚れた男に逢いに行く in 名古屋(1/28)

060128-2115

惚れた男に逢いに行くため、名古屋まで来てしまいました。そう、吉井和哉に逢いにです。
いちおう、ファン歴10年ほどありますがツアーの地方遠征は初めてです。 お恥ずかしい・・・。
ものぐさ者の私は地方へまで行って「見る」ということが面倒臭くてしていませんでした。が、今回のツアーは絶対地方も行くわ!という気分になりましてたった1ヶ所ですが名古屋に参戦です。

今日のヨシイはというと、、、
グレーぽいスーツにシャツ。髪型は王子様チックで、なんだか可愛らしい感じ。ライブ中、髪の左サイドを気にしているご様子で弄る仕草が愛らしかったです。
曲はMCでも言ってましたが「前回のツアーでやらなかった曲を中心に。」ということでした。聴かせる曲もあり、ノレるのもあり、前回とアレンジが変わってるのもありと、前回のツアーから曲数が増えているわけでもないのに感じの違うものになってます。演る側からしたらそんなのは当たり前のことのかもしれませんが・・・。

1/25に発売したシングルCDの3曲もちゃんとやってくれました。
発売日に買って聞いた印象どおり、ライブでやるほうが断然良い曲でした。もう、ライブ向きってやつです。
『BEAUTIFUL』の第一印象は「優しい」曲だったのですが、ライブで聞くとそれにも増して「優しさ」を感じました。
「なんだろう?いつからヨシイはこんなに優しくなったんだろう?」というのが正直な感想です。でも、それに違和感があるわけでもなく、気に入らないわけでもない。とても好きな感じです。抽象的だけど、久しぶりに家族の下に帰り暖かいものを感じた。というような優しさを感じてます。
ライブの感想というより、シングルの感想になってるな・・・。

そうそう、アンコールのときにメンバ紹介をしたのですが、エマの紹介のとき「菊地英昭」と紹介してました。「エマ」っていわなかったです。
このとき、一緒にいたお友達のおじんさんがすかさず「キチク?」なんて言うから大笑いです。個人的には「キチクエマ」にちょっといぢめてもらいたいな。

今回のエマちゃん、なんだかお痩せになられたのかやつれているように見えました。お髭とライトの当たり加減かもしれないですけど。。。

『RAINBOW』も前回のツアーと同じく虹色のライトで天井を照らしてました。この効果、NKホールのときはあまりのキレイさに見とれたんですけど、ZEPPだとそのキレイさが伝わりません。武道館でまた体験できたらいいな。

なーんか、グダグダ、だらだらと書いてしまいましたが

  新生、吉井和哉ここにあり!

というようなライブだったと思います。残りの持分、東京2本、楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »