« みなさんっ | トップページ | 惚れた男に逢いに行く in 名古屋(1/28) »

2006/01/09

新春浅草歌舞伎 その1

ここ数年、新春浅草歌舞伎を見に行ってます。
今年も見に行きました。でね、今までちょっと違うのは第1部、第2部、両方とも見てみようと思ってチケットを取ったこと。演目も1、2部ともちょっと違うし、この歌舞伎は同じ演目を役者さんを変えてやるっていう趣向もあるので今年はそれを見てみようかと思いましてね。

で、まずは第2部(午後)を鑑賞してきました。
演目は、1.仮名手本忠臣蔵(五段目、六段目)、2.蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)。

仮名手本忠臣蔵は勘平を中村勘太郎さん、おかるを七之助さんが演じておりました。
それにもしも勘平役の勘太郎さん、お父さんである中村勘三郎さんからこの役を教えていただくとパンフに書いてあったけど本当にお父さんに似ている部分が端々に出ていること。それがね、なんていうか真似っこという感じではないのだけど、一生懸命教えていただいことを自分のものにしながら演じている感じで。ええ、これからが楽しみですよ。

仮名手本忠臣蔵と言えば…、というか、歌舞伎に興味を持ち出したのは高校生の頃だったのですが、きっかけは玉三郎さんのおかるです。当時、実際に玉三郎さんのおかるを見たわけではないのですが、『演劇界』という雑誌に玉三郎さんのおかるが載っていてヤラレテしまったわけですよ。 とってもキレイだったぁ~
そんなことをふと今回の演目を見て思い出しました。なんかね、正月早々、ちょっと初心を思い出した感じです。 て、この場合の初心てなんだ???

そして、次の演目、『蜘蛛絲梓弦』。
これをおやりになった市川亀次郎さんにあっぱれです。六変化の踊りなのですが、歌舞伎座や国立劇場とは違った浅草公会堂。いろいろと演出面や早変りにご苦労なさったようです。
早変りや演出もさることながら、亀次郎さんの踊りに心酔いたしました。とてもキレイでございます。もう、許すことならスタンディングオベーションをしたかったほど。これを見るだけでも2部を見る価値があると思いますよ。
実を言うと亀次郎さんという役者さん、ちゃんとした認識を持ったのは『NINAGAWA 十二夜』からでして、そのときにやられた麻阿というお役からでした。この方、浅草歌舞伎の方よね?でも、なんかお正月に見ているのと違うわ。って具合でした。
本当は、「見ているのと違う」ではなく、「意識を集中してみているかだった」のかなと今回の演目を見終わって思いました。有名どころの役者さんばかりでなくその時々、舞台の中心となる役者さんを見るてことも大事だなと思いましたわ。
あんまり堅苦しく見る必要もないのだろうけど、一生懸命演じてらっしゃるのだからこちらもそれくらいの覚悟を決めて見ないといけないのかもしれません。

次は第1部を見に行きます。
第1部の仮名手本忠臣蔵はおかると勘平の配役が逆になります。七之助さんの立役は久しぶりに拝見するので楽しみです。そして、獅童さんの鳴神もあります。
個人的には獅童さんにはもっと歌舞伎を頑張ってもらいたいです。映画やドラマの獅童さんも魅力的ですが歌舞伎役者としての獅童さんに期待する身として第1部も楽しみです。

でわ、第1部を近々見に行きます。

|

« みなさんっ | トップページ | 惚れた男に逢いに行く in 名古屋(1/28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143669/8085541

この記事へのトラックバック一覧です: 新春浅草歌舞伎 その1:

« みなさんっ | トップページ | 惚れた男に逢いに行く in 名古屋(1/28) »